MENU

薄毛ソリューション洗顔を選ぶままチェックするべき原材料一瞥!

このサイトで繰り返し述べていることですが、薄毛対策で洗浄を選ぶ場合には、その会話成分をきちんとチェックするようにしましょう。多くの販売洗浄において、粗悪な清掃成分が使われており、それがスカルプにdownのダメージを与えてしまいます。

 

たとえ高価な育毛剤や育毛サプリメントを使ったところで、日々使っている洗浄が低材質ではなんの影響もありません。そんな境遇を防ぐためにも、チェックするべき洗浄の会話成分について知識を深めておきましょう。以下に代表的なものをまとめます。

 

絶対に避けるべき石油関わり制作界面活性剤洗浄!

以下に列挙するのは、石油系の清掃成分です。ドラックストアなどで市販されている多くの洗浄には、以下の名簿の何れかの成分が使われていることが多くあります。とりわけ安く原材料を抑えるために用いられるものです。当然ながら、圧力が強すぎるためにスカルプにダメージを与えるものです。

 

これらの成分をみかけたら、その洗浄は薄毛戦術に適さないと断定しましょう。同時圏外の心中で良いと思います。

 

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸カリウム

 

このように「ラウリル」とついている成分が含まれている洗浄は基本的に圏外とみなして問題ありません。石油関わり制作界面活性剤の一種です。市販の知名度のある有名な洗浄の全然に含有されています。こういう成分を見抜くだけでも、ふさわしい洗浄を見つけるための大きな発達となります。

 

  • ラウ答申硫酸ナトリウム
  • ラウ答申硫酸TEA

 

「ラウリル」と似ていますが、「ラウレス」と付けられているのも、同様に石油関わり制作界面活性剤です。同じく避けましょう。こういうラウ答申とラウリルという成分を排除すると、ドラックストアの洗浄ではほとんどが継続NOになってしまいます。ネットでこれらを含まない洗浄を見つけるほうが大いに簡単です。

 

できれば避けたいシリコン入り洗浄!

石油関わり制作界面活性剤よりもプライオリティーは下がりますが、その次に考えるべき成分としてシリコンがあります。ノンシリコンシャンプーというのが流行っていますね。より脱毛・薄毛にストイックになるなら、そのノンシリコンシャンプーを選ぶことをおすすめします。

 

洗浄においてシリコンは、サラサラ感じやスベスベ感じを演出するコーティング剤です。詰まり上辺だけの見せかけの美容髪を演出しているのですね。髪やスカルプの本質的な健康には無用ものです。なので、できれば避けたほうが喜ばしい成分と言えるでしょう。

 

  • ジメチコン
  • シロキサン
  • シクロメチコン
  • シリカ
  • シリル
  • シロキ
  • シリカ化ケラチン
  • ジメチコンクロスポリマー
  • ジメチコノール

 

これらの成分登録があるものは、シリコン入りの洗浄となります。ただ、これらを暗記するのは面倒だと思うので、素直にノンシリコン洗浄を選ぶほうが省略でしょう!